デリケートゾーン 黒ずみ

デリケートゾーンが黒ずむ原因は?

デリケートゾーンの黒ずみ

デリケートゾーンの黒ずみは、妊娠や出産のほかに加齢も原因のひとつですが、一番の原因は刺激や摩擦です。デリケートゾーンの皮膚は薄いため、体の他の部分よりも摩擦に弱く、黒ずみやすくなっているのです。

 

ホスピピュアの効果

そんなデリケートな部分ですが、基本的には常に下着を身に着けている場所になりますよね。小さなエリアで、ショーツや肌着をつけっぱなしになっているため、動くたびに「摩擦(こすれ)」が生じます。

 

ショーツの場合だと、ゴムがある部分がよくこすれるため、腰のラインと脚のつけ根部分が黒ずんでいる方も多いのではないでしょうか?

 

ホスピピュアの効果

肌は、紫外線の他にも摩擦などで刺激を受けると、肌を守ろうとしてメラニンの生成が活発になります。これが黒ずみの原因となりますが、まず赤みとなって表面に出たものが、刺激が積み重なって黒ずんでいくわけです。

 

通常なら、ターンオーバーといって皮膚の新陳代謝のタイミングで肌が新しくなっていくのですが、常に刺激を受けてメラニンの生成が活発になっているデリケートゾーンにおいてはターンオーバーの周期が乱れており、うまく代謝ができていません。

 

そのため、一度黒ずんでしまった部分は、どんどん蓄積されて色素沈着のように黒くなってしまうんですね。


妊娠や出産もメラニンの生成が活発になる

30代以降の女性で最も多いパターンとしては、妊娠のタイミングで、デリケートゾーンや乳首などが黒ずんできたというものではないでしょうか?

 

ホスピピュアの効果

これは妊娠・出産にそなえて、体が肌を守ろうとする働きによるものです。デリケートゾーンのほか、ワキや乳首も黒くなってきます。これは出産に備えたもののため、産後は徐々に元の肌の色にもどってきますが、デリケートゾーンと乳首はなかなか戻りません。

 

乳首は、授乳をする場合は常に赤ちゃんから吸われているため、卒乳するまではなかなか元に戻りません。黒くなるのは赤ちゃんがおっぱいを見つけやすくするためという話も聞いたことがありますが、それにしても真っ黒になってしまうと女性として悲しいものがありますよね…。

 

デリケートゾーンに関しては、赤ちゃんが出て来る部分ということもあって産後かなりのダメージをうけています。肌を守ろうと黒くなったのですが、当然なかなか元にはもどりません。産後時間がたっても、色素沈着が残ったような状態になります。

 

加齢も黒ずみの原因に

ホスピピュアの効果

そのほか、悲しい現実ですが、加齢によっても肌は黒ずみやすくなります。新陳代謝がおとろえるためターンオーバーの周期も長くなりますし、血行も悪くなります。

 

ターンオーバーは、通常は28日前後の周期で細胞が生まれ変わると言われていますが、年をとるにつれて長くなっていき、なんと50代では2ヶ月~3ヶ月周期になってしまうとも言われています。

 

たとえば虫にさされたり、ちょっとしたキズができても、若い時はすぐに消えるものですが30代後半あたりからなかなか消えなくなります。いつまでたっても虫刺されあとがみっともなく肌に残ってしまうの、嫌ですよね~。

デリケートゾーンの黒ずみ対策をするには

ホスピピュアの効果

以上のようなことから、摩擦や刺激をさけるのがデリケートゾーンの黒ずみ対策には重要だということがわかります。締め付けない下着を身につけるのはもちろんですが、お風呂で体を洗うときも気をつけましょう。

デリケートゾーンをキレイにしておきたいと、お風呂でゴシゴシあらったりしていませんか?このゴシゴシあらうのも摩擦となり、余計黒ずんでしまう結果となります。石鹸を泡立てて、こすらないよう優しく洗いましょう。

 

そして、お風呂上がりには、黒ずみ対策のクリームでデリケートゾーンを保湿しておけば、ターンオーバーのサイクルも整ってきて早く黒ずみが薄くなっていきますよ。

 

ホスピピュアって効果ある?私が実際にホスピピュアを1本使い切ったくるぶしの変化写真をのせています。ぜひチェックしてね!

 

ホスピピュアって効果ある?これがホスピピュアの効果だよ!1ヶ月使ったビフォーアフター写真を公開☆